top of page

ディマーレが飲食店のグローバル展開を支援


クロスボーダー、マルチブランド事業の管理


外食産業の競争が激化する中、各企業は競争に打ち勝つための革新的な解決策を模索しています。その一つが、外食事業管理ソフトウェア、特にディマーレ(dimare™)のようなクロスボーダーとマルチブランドに対応したSaaSソリューションの活用です。


ディマーレは、飲食事業者がより効果的に業務を管理し、収益を増加させるのに役立つさまざまな利点を提供します。ディマーレのマルチブランド管理機能を使えば、事業管理者は、1つのアカウントで複数のブランドを簡単に管理することができます。これにより、異なるブランドやロケーションのパフォーマンスを追跡し、マーケティング、プロモーション、価格戦略について充分な情報に基づいた意思決定を行うことが容易になります。


多言語と多通貨をサポートするディマーレの導入により、飲食事業者は国境を超えた事業管理の複雑さを気にすることなく、国際的に事業を拡大することができます。ディマーレを利用することで、国際間の業務管理の煩雑さを解消、異なる国や地域の市場でも簡単に業績を一元管理することができます。


一元的な事業管理のメリット


クロスボーダーとマルチブランドに対応したSaaSソリューションを使用する利点は、事業の効率性向上及びデータの可視性と正確性の向上です。すべての業務を一つのシステムで管理できるため、経営者は、複数のシステムを管理するために費やしていた時間とリソースを節約することができます。また、売上、人件費、シフトスケジュール、在庫管理、その他のオペレーションに関するデータが一元管理されているため、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。ディマーレは、改善すべき領域を特定し、収益を向上させるためにオペレーションを最適化します。これは、新しい市場への進出や事業の拡大を目指す外食事業者にとって、特に価値のあることです。

最新記事

すべて表示

売上計画に基づく自動シフト管理のメリット

ワークスケジュールの自動作成 飲食業を成功させるには、予算やスタッフ、顧客満足度や収益性など、さまざまな要素を慎重に管理する必要があります。その中で見落としがちなのが、売上に応じたシフト管理です。そこでディマーレ(dimare™)が導入されました。 ディマーレは、飲食ビジネスに特化して設計された強力なSaaSソリューションで、オペレーションの最適化と収益性の向上を支援するさまざまなツールや機能を提

データを活用した、売上計画の最適化

売上計画の最適化と売上目標達成のために ディマーレ(dimare™)は、飲食店が過去のデータを活用することで、より効果的に売上予算を管理するための強力なツールです。過去数ヶ月または数年分の売上データを分析することで、飲食事業の経営者やマネージャーは、売上傾向や顧客行動に関する洞察を得て、売上計画策定に役立てることができます。 例えば、あるレストランでは、1日のうち特定の時間帯に売上が増加する傾向が

Comments


bottom of page